同窓会・基金・各科の会則


同窓会会則 蔵工基金会則 機械科会則 電気科会則 建築科会則 設備工業科会則


同窓会会則

     東京都立蔵前工業高等学校 同窓会会則
第 1 章  総 則
第1条 本会は東京都立蔵前工業高等学校同窓会と称す。
第2条 本会は浅草工業専修学校、蔵前工業学校、蔵前工業高等学校の卒業生を正会員とし、母校教職員及び旧職員を賛助会員とする。
第3条 本会の事務所は東京都立蔵前工業高等学校内に置く。
第 2 章  目的及び事業
第4条 本会は会員相互の親睦を図り、併せて母校の伝統を守り、その発展に寄与することを目的とする。
第5条 本会は前条の目的を遂行する為に、次の事業を行う。
1. 会員名簿の作成
2. 母校への後援
3. 同窓会基金の運営
4. 本会の目的達成に必要な事項
第 3 章  役 員
第6条 本会に次の役員を置く。
1. 会  長    1名   常任委員会の推薦により、総会において承認を得る。
2. 副会長 4名以上8名以内 常任委員会に於いて各科1名を推薦し、総会に於いて承認を得る。
3. 会  計    2名   常任委員より互選する。
4. 会計監査   2名   常任委員より互選する。
5. 顧  問   若干名  会長が必要と認めた正会員並びに賛助会員より之を委嘱する。
6. 常任委員  30名程度  各科で按分選出する。
7. 委  員  各級若干名  卒業時に選出する。
          委員に変更が生じたときは速やかに会に報告する。
8. 校内委員        母校現職教職員から互選する。
第7条 役員の職務は次の通りとする。
1. 会長は、本会を代表しその会務を総括する。
2. 副会長は、会長を補佐し、会長の事故ある時は代行する。
3. 会計は、会の経理を行う。
4. 会計監査は、会計を監査する。
5. 顧問は、会長の諮問に応ずる。
6. 常任委員は、常任委員会に出席し、会務に参画し、会の運営に当たる。
7. 委員は、各級内の取り纏めを行い、会の運営に協力する。
8. 校内委員は、本会の目的を遂行する為に、会務に協力する。
第8条 役員の任期
役員の任期は2ヵ年とし、総会から次回総会までとする。但し、再任は妨げない。
役員に欠員又は変更が生じた場合は、常任幹事会に諮り補充又は変更することが出来る。 なお、直近に常任委員会が開催できないときには、正副会長会議に諮り補充又は変更することができる。
補充又は変更された役員の任期は前任者の残期間とする。
第 4 章  総会、正副会長会議、常任委員会
第9条 総会並びに役員会
1. 定期総会は原則隔年開催し、会務並びに会計報告及び重要事項を議決する。
   但し、会長が必要と認めた時に臨時総会を開催することが出来る。
2. 正副会長会議は、原則として毎月1回開催し、会務を審議実行する。
   出席者は、正副会長のほか必要に応じて委員も出席できるが、議決権はないものとする。
3. 常任委員会は、原則として毎年1回開催し、会務審議する。
   会長が必要と認めた時は臨時常任委員会を開催することが出来る。
   総会を開催されない年度は総会に準じた事項の審議を行う。
4. 上記各会の議決は議決権を有する出席者の過半数の同意を要するものとする。
第 5 章  会 計
第10条 会費は、卒業時に正会員より入会金として8,000円を納入するものとする。
臨時会費に関しては、正副会長会議において議決し徴収することが出来る。
第11条 会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
第 6 章  そ の 他
第12条 会員が住所・氏名・勤務先等に移動が生じたときは直ちに本会事務所に通知をするものとする。
第13条 賛助会員は会の運営に協力する。
第14条 第5条に定めた同窓会基金の運営は、別に同窓会基金規則を設け、これにより運営する。
第15条 本会の会則は、必要に応じ総会の議決により変更することができる。
本会則の制定日:昭和31年6月17日
改定日:昭和46年5月、昭和53年7月2日、昭和58年7月2日、昭和63年7月9日
平成4年10月2日、平成9年7月18日、平成19年 7月20日、平成26年6月20日



同窓会基金規則

東京都立蔵前工業高等学校 同窓会基金規則
第 1 章  総 則
第1条 この基金の名称を、東京都立蔵前工業高等学校同窓会基金という。(以下「基金」という)
第2条 この基金の事務局は、東京都立蔵前工業高等学校内(東京都台東区蔵前一丁目3番57号)
に置く。
第 2 章  目的及び事業
第3条 この基金は、東京都立蔵前工業高等学校同窓会の運営および活動に資することを目的とする。
第4条 この基金は、前条の目的を達成する為に次の事業を行う。
1. 東京都立蔵前工業高等学校同窓会会則第4条の目的を遂行するための事業に使用する。
2. その他、この基金の目的を達成する為に必要な事業。
第 3 章  資産及び会計
第5条 この基金の資産は次の通りとする。
1. この基金の寄付による基本財産
2. 事業に伴う収入
3. 寄付金品
4. その他の収入
第6条 この基金の基本財産を処分し、または担保に供してはならない。
第7条 この基金の事業遂行に要する費用は、原則として基本財産から生ずる果実および事業に伴う収入により支弁する。
基本財産として1,000万円を常に保持すること。
第8条 この基金の事業計画およびこれに伴う収支予算は、理事長が作成し、理事会の承認を必要とする。
第9条 この基金の決算は、毎会計年度終了後2ヶ月以内に理事長が作成し、また、財産目録および事業報告書を作成し、理事会の承認を得なければならない。
第10条 この基金の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日迄とする。
第 4 章  役員
第11条 この基金には次の役員を置く。
理事長       同窓会の常任委員会において選出する。 1名    
副理事長 4名
理 事     30名程度
会 計 2名
会計監査 2名
理事長は同窓会長と兼ねることはできない。
その他の役員は理事長が委嘱する。
第12条 理事長はこの基金の事務を総理しこの基金を代表する。理事長に事故があるときには副理事長がその職務を代行する。
第13条 理事は理事会を組織し、この基金の業務を議決し執行する。
第14条 会計はこの基金の経理を行う。
第15条 会計監査は会計を監査する。
第16条 この基金の役員の任期は2年とする。
1. 但し再任は妨げない。
2. 役員に欠員が生じた場合は後任者を補充できるが、補充された役員の任期は前任者のの残存期間とする。
但し、残存期間が短い場合は補充しなくても良い。
3. 役員はその任期終了後でも後任者が就任するまで、その職務を行う。
4. 役員は、この基金の役員としてふさわしくない行為があった場合には、その任期中であっても、理事会の議決によりこれを解任することができる。
第17条 役員は、無給とする。
第 5 章  会  議
第18条 理事会は、毎年1回以上理事長が招集する。
1. ただし、理事長が必要と認めた場合、または、理事現在数の3分の1以上から会議の目的事項を示して請求のあったときは臨時理事会を招集しなければならない。
2. 会議の議長は理事長が行う。
第19条 理事会は理事現在数の3分の2以上出席しなければ議決することができない。
1. ただし当該議事につき書面をもって、あらかじめ意志を表示したものは、出席者とみなす。
2. 理事会の議事は出席理事の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
第20条 理事会は次にあげる事項を審議する。
1. 事業計画および収支予算についての事項。
2. 事業報告および収支決算についての事項。
3. 基本財産の変更に関する事項。
4. その他この基金の業務に関し理事長が必要と認めた事項。
第21条 すべての会議には、議事録を作成し、議長および出席者代表2名以上が署名捺印のうえ、
これを保存する。
第 6 章  基金の変更ならびに解散
第22条 この基金の規則は、理事現在数の3分の2以上の同意を得なければ変更をすることができない。
第23条 前条の変更および解散を行うときは、同窓会総会の承認を得なければならない。
基金の創立日:平成3年4月1日
本規則の制定日:平成4年10月2日
改定日:平成19年 7月20日
改定日:平成22年 6月12日