機窓会

 機窓会会長 遠藤 静雄(昭和44年卒)

 機窓会は現在同窓会への活動参加のほか、独自に機械科への支援、そして毎年、栃木県のツインリンク茂木で行われているエコランコンテスト(これはご存知だと思いますが50tのエンジンの車が1gのガソリンで、どのくらい走行できるかの競技で、高校生部門で我校は毎年優秀な成績を収めております)この自動車部にも、ささやかながら協力させていただいております。

 機窓会独自の活動よりも、同窓会活動に重きを置いておりますが、来年は第7回機窓会総会を予定しております。前回は「最長老賞」「最遠距離参加賞」など大変盛上りました。次回も、参加して楽しかった、参加してよかった、と思われる企画を考えたいと思います。前回の40名を上回る多数のご参加をお待ちしていります。 

曲尾雅次さんより自叙伝「人生七転び八起き」が贈呈されました 

昭和19年定時制機械科(第三本科)卒

浅草寿町で生れ、蔵前工業甲種夜間学校を苦労して卒業、東京大空襲を体験し、終戦後は製粉加工販売・プロパンガス販売など逆境にめげず、ついに業界の会長まで勤められたそうです。「人生のスタートに遅い、速いはない、自分自身気が付いた時、その時がスタートである。」と結んでおります。終戦直後のお話は、臨場感があり大変興味深く読ませて頂きました。


 

 機窓会において改選された新役員は次のとおりです。

会長  遠藤静雄(昭和44卒)
副会長 片桐一郎(昭和36卒)
副会長 棚橋昌哉(平成12卒)
顧問  深尾秀次(昭和36卒)
顧問  松野義勝(昭和44卒)

○機窓会スタッフ募集

  現在、機窓会はスタッフの方が少なく、会運営に苦慮していります。昭和50年代以降卒業の会員さんの方で吾こそ背をはめ機窓会、と自負されます諸兄のご協力をお願い致します。より会員間の絆を太くして行きたいと考えておりますので、是非とも宜しくお願い致します。

 情報等は、「蔵工同窓会」ホームページへお願いします。